読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u

日常つぶやき。ゲームやコンサートの感想がおおいです。自問自答できる日記が趣味です。

This War of Mineプレイ日記

感想 煩悩 日記

steamで評判が良かったので購入。

ゲームとしては、

simsを簡易的にしたようなシステム。
基本的に家に3人の仲間で住んでいる。
世界観が戦争中で、simを動かして外に探索しに行ったり、家で家具を作ったり、武器を作ったり、料理をして食べたり、薬を飲んで病を治したりする。
すべて外で調達しなければいけない。

探索する場所と物資は有限で、探索場所によっては攻撃してくる人がいるところもある。
安全な場所で物資が取れなくなったら、無害な人の家に行って盗んでこなければ生きられない。

攻撃してくる人のいる危険な場所に行って、殺されたりもした。
人が減ると3人になるよう、他の人が尋ねてくる。
家の人が全員死亡したら、ゲームオーバー。


途中からですが。
20日目
犯罪が減少した。
治安が良くなってきたみたいで安心だ。
何があったのだろう。ラジオがないから情報がない。

それまでは強盗が家に来て攻防が大変でした。
大切な食品がうばわれるのは困る。
仲間も怪我をしてしまっているし。
包帯が必要だ。

食品が足りなくて、罪のない老夫婦の家から少しだけ盗んでしまった。
それからは彼らの家には行っていなかったけれど、また困窮してきて行ったら、家は無人になってしまっていた。
老夫婦が無くなったのは、私のせいだ。

という感じでパヴェルがうつ状態になってしまった。
カティナもなぜかうつ状態になっていたので、パヴェルでなぐさめる。
うつ同士でなぐさめ合うの大変だ。

でも、老人宅からとってきた包帯でアントンに手当てをできた。
軽傷だったパヴェルもかすり傷にまで回復している。

最初のほうで、料理人のおっさんがいたのだけれど、探索に入った場所で撃たれて死んでしまった。
それからはカティナとパヴェルの孤独な日々だったのですが、体力のない老人のアントンがたずねてきて、家にふたたび賑わいがおとずれました。

21日目。
パヴェルが軽傷でうつ状態
包帯がないけれど治るかな……。

物々交換の人が来たので、武器を作るためのものや食料を交換してもらう。
お酒を密造して、物々交換の物資を増やさないとと思う。

探索は病院へ。
危険有り、はその場所で盗みを働いたり、言うことを聞かないと攻撃されるということか。
危険有りだったのでヘルメットと拳銃で武装して行ったけれど、そこで看護師さんが病人を入院させて看病したりしていたので、倒すわけにはいかないなと思った。

でも切羽詰ったら襲撃するしかないかもしれない……。
今は治安が良いみたいだし、大丈夫だといいな。

仲間の容態が良くなっていればいいけれど。

22日目。
以前助けた病院の人?が包帯が必要だとたずねて来た。
家には包帯がないから助けられなかった。
大丈夫だろうか。
軽傷のパヴェルも心配だ。

寒くなってきたので、暖房をつけた。

うつ状態を治そうと話しかけた後だと、なぜか各所のアイコンのコマンドが灰色のままで選択できず、何もできずに終わってしまう。

そのため仕事をかたずけてから、うつ状態のパベルを治す。

カティナが戦闘で死んでしまった。
物資が必要で危険な場所へそっと行ったのだ。

パヴェルはカティナを殺した者に対して憤りを覚えていた。
アントンは物資の調達を心配している。

23日目。24日目。
物資交換の人が来た。
包帯を交換してもらい、パヴェルの手当てができた。
これで治るはず。

アントンじいさんは荷物をあまり持つことができないので、軽傷でうつ状態で体調不良のパヴェルが今日も探索。
安全な場所だけれど、安全な場所はあらかた漁ってしまったので、危険な場所へ行くために装備を強化しなくては。

25日目。
治安が良くなったのか、今日も襲撃はなかった。

包帯のかいあってパヴェルの怪我は全快。
安全なところは探しつくした。あとはカギとかノコギリが必要。

盗まなければ大丈夫な病院探索に行った。
以前探索したけれど、少しは物資が残っている。

病院に砲撃があったらしく、亡くなった方の者物資は盗まずにいただくことができた。

26日目。
アリガという病気の女性が来た。
人手が足りていなかったので調度いい。

冬の訪れを感じる。暖房を今日もつけた。
襲撃に対して、今日は身構えておくべきだろうか。

27日目。
アリカが病院を探索し、包帯ゲット。
アントンの軽傷を治すことができる。

冬将軍が来た。暖房を今日もたかないと。

空き家をいっしょに探索しようと言う人が来た。
アントンは行くことにした。
何かいいものが手に入るかもしれない。

アリカはパヴェルをなぐさめて、うつ状態を治そうとしたけれど治っていない……?

29日目。
パヴェルが病死寸前。
病院に行くしかない。

アントンは結構利己的。パヴェルの病気がみんなにうつらないことを祈ってたり、他人から奪っても良いから包帯がほしかったり。
この人なら病院襲撃してもメンタル大丈夫かもしれない。

病院は雪のせいで行けない。
まだ体調が一番マシなアリカが探索へ。
危険有りだけれどまだ行ったことのない場所へ。
ガレキが多くてなかなか進めない。

30日目。
物資交換の人から薬を手に入れたので、今にも死にそうなパヴェルに使う。
アリカも病気だけれど……。

31日目。
冬将軍が去っていった。

危険をおかして取ってきた薬と包帯で延命。

33日目。
本をあずかってくれという人が来た。
木は足りているので、薪にしちゃうことはないと思う。

アリカとパヴェルが重病で動けない。

食料も強盗に奪われて、尽きている。

 

怪我をしているけれどゆいいつ動けるアントンが、防弾ベストを着て、そっと盗みをする。

人が追いかけてくるけれど、なんとか逃げ切った。

食料も薬も手に入れた。

これで二人は元気になるはず。



34日目。

せっかく助かると思ったのに。
アリカが間に合わず死んでしまった。
アントンとパヴェルは精神崩壊で動けない。
物資交換の人が来たけれど。

35日目。
アントンは去ってしまった。
パヴェルは死んでしまった。

35日間しか生きられなかった。
エンディング。

家に助けを求めてきた人を助けたこととか、薬があれば生きられたのにとか、エピドードが時系列で流れた。

最後に同じ家で暮らした人たちのその後について(ほとんどは死亡してしまったが)書かれていた。

家族と同じお墓に入ったとか、アントンのゆくえは知れない、とか。

なんてゲームだ……。

呆然。
常に鬱々とした暗い雰囲気でした。


がんばれば銃とかで武装したり、食べ物を栽培したりできるみたいだけれど、物資に余裕がなくてできなかった。

夜盗に攻撃されて怪我してしまうのがつらい。
うつ病になっていると、「こんなこと意味があるのか?」「もうだめだ……」みたいなセリフが多くなり、いっそう悲壮感が出ます。

「アリカを助けてあげたい」みたいに、仲間を心配する声も。

最初に選んだ3人以外のお話もあるので、まだまだ遊べそうです。